Oリングなら国内唯一の製造設備を誇るOリングメーカーモリセイへ

 

Oリングの故障の原因と対策を教えてください。

Oリングの故障の原因と対策を教えてください。

参考:対策につきましては、ご参考としてご検討お願いいたします。
備考:(運)…運動用、(固)…固定用、点線…元の線径

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
ねじれ(運) ・摺動部(ピストン運動部) ねじれて変形している
ねじれイメージ
主な原因 対策
  • ・摺動が速い
  • ・ストロークが大きい
  • ・偏心運動している
  • ・摺動面の仕上げ不良
  • ・ねじれた状態で装着
  • ・ねじれにくい形状に変える(リップパッキンなど)
  • ・偏心運動をなくす
  • ・摺動面を滑らかに仕上げる
  • ・グリース等を塗布し、装着に注意する

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
へたり(運)(固)
  • ・摺動部(ピストン運動部)
  • ・固定部
断面が溝部の形状に変形している
へたりイメージ
主な原因 対策
  • ・高温⇔低温下での繰り返し使用
  • ・温度、潰し代、流体との関係
  • ・材質を変更する
  • ・溝寸法を変更する

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
全面摩耗(運)
  • ・摺動部(ピストン運動部)
全体的に擦り減っている
全面摩耗イメージ
主な原因 対策
  • ・摺動面の仕上げ不良
  • ・潤滑油が不十分
  • ・ゴミ等の異物混入
  • ・摺動面を滑らかに仕上げる
  • ・潤滑剤を十分に使用する
  • ・Oリング表面や溝を清掃する

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
部分摩耗(運)
  • ・摺動部(ピストン運動部)
  • ・固定部
摺動面が部分的に擦り減っている
部分摩耗イメージ
主な原因 対策
  • ・相手摺動面の傷
  • ・摺動面を滑らかに仕上げる

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
硬化(固)
  • ・固定部
  • ・硬くなる
  • ・折り曲げると亀裂が入る
硬化イメージ
主な原因 対策
  • ・使用温度がゴムの耐熱限界を越えている
  • ・材質を適切なものに変える

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
膨潤(固)
  • ・ご底部
柔らかくなり膨らんでしまう
膨潤イメージ
主な原因 対策
  • ・流体とゴム材質があっていない
  • ・燃料油等で洗浄した
  • ・材質を適切なものに変える

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
はみだし(固)
  • ・摺動部(ピストン運動部)
  • ・固定部
Oリングの内側または外側が全面的(部分的)にちぎれている
はみだしイメージ
主な原因 対策
  • ・圧力、溝の隙間、Oリングの硬さが適切でない
  • ・膨潤によりOリングが大きくなった
  • ・バックアップリングを使用する
  • ・圧力、溝の隙間、Oリングの硬さを変更する

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
むしれ(固)
  • ・固定部
Oリングの内側または外側がつぶし代の分だけ切り取られたようになる
むしれイメージ
主な原因 対策
  • ・面取り不良
  • ・溝の深さ寸法が浅すぎる
  • ・装着の際、穴やネジの縁部などで破損
  • ・Oリングが接触する部分を面取りする
  • ・溝寸法を適切にする
  • ・装着の際、取付治具を使用する

※スクロールしてご覧いただけます。

形状 発生しやすい部位 状態
オゾン亀裂(固)
  • ・固定部
全面的にひび割れた状態
オゾン亀裂イメージ
主な原因 対策
  • ・空気中にOリングを伸ばしたままで放置した
  • ・空気に触れる場所に適さない材料を使用した
  • ・伸長したまま放置しない
  • ・Oリングが空気に触れないようにする
  • ・材質を変更する