Oリングなら国内唯一の製造設備を誇るOリングメーカーモリセイへ

 

モリセイパーフロの耐熱限界は何℃ですか?

モリセイパーフロの耐熱限界は何℃ですか?

対象流体によりますが、通常使用では、MP4275B・4270Wでは180℃、MPB・MPPでは200℃くらいが耐熱上限とお考えください。
腐食性の高い流体ですと、耐熱温度はより下がります。MP300Bでは、不活性な流体が対象ならば300℃でのシールが可能です。ただし、極性溶媒、特にアミン類やスチーム・熱水には弱く、汎用パーフロ(4275B、MPB)より耐熱上限が低くなる場合があります。